こんにちはーーー
長田ゆかりです。

今日は今年・前厄なので、厄払いにいってきました。
厄払い、人生初ーでした。

場所は、関東3大不動のひとつ
高幡不動尊(東京都日野市)にて体験しました。

↓こちらです。

ちなみに
母が本厄&父(なにも関係ないw)と一緒に。

3人で出かけるのは、何年ぶりか分からない感じでした。
こういうのいいな~と思ったりしました。

今回のブログは、その体験をレポしていきます。

 

ところで、厄年とはいつなのか(・・?

(↑高畑不動尊に貼ってあった厄年表。)

そういえば厄年っていつだっけと(私が)思ったので
一応まとめてみます。

厄年の年齢は↑こんな感じなのですが
この年齢は、数え年で考えます。

(※数え年は、生まれた時点の年齢を
1歳とする数え方をします。0歳で1歳ということ。)

まとめてみると、

女性は

・前厄→18・3236・60歳

・本厄→19・3337・61歳

・後厄→20・3438・62歳

男性は

・前厄→24・41・60歳

・本厄→25・42・61歳

・後厄→26・43・62歳

です。女性は30代に本厄が2回もあるんですよねー。
(前厄・後厄をいれると6回。全部いきたい!←)

高幡不動尊は、こんな所でした。

 

到着して思った事は、境内が広い!ということでした。

屋台が何個もでていたり
(お守り屋・じゃがバタ屋・だるま・甘酒などなど)

あと五重塔があったり、お堂が何個もあったり。
土方歳三の銅像もありました。

厄払い受付のアレコレ。

そして
祈願の受付所に行き、申し込み用紙にて名前などを記入へ。

ここで護摩料(ごまりょう)を記入という項目が。

どうやら支払う金額によって
祈願後にもらえる護摩札のもらえる大きさが違う様子。

↑左のモノです。(もらった護摩札。)

高幡不動尊の護摩料は

・3万円以上。   大護摩料(58cmの護摩札。)

・2万円。     中護摩料(52cmの護摩札。)

・5千円。     護摩料(45cmの護摩札。)

・3千円。     護摩料(37cmの護摩札。)

という4分類に分かれていました。

母と顔お見合わせ、即決で3千円にしようと決め(笑)、
受付所にて護摩祈願料を収めました。

11:30分の回に申し込み、
その時点で11:10分くらいだったので
出店をみたりウロウロした後、お堂に入りました。

お堂の中には沢山の人が・・・!
200人くらいはいたのかなと思います。
部屋の中がほぼギュウギュウに(・□・;)

厄払い以外の願い事の方もいるから、ではあるのですが
ここまで人が集まることになるとは思っておらず
びっくりしました。

護摩祈願については・・
何と表現したらよいのやら、詳しくは高幡不動尊のHPをどうぞw

そして護摩札受取所にいき、札を受け取って厄払いは終了しました。

 

お昼は、開運そばでゆるりと。

厄払い後は、高幡不動尊を出てすぐ近くの
そば処・開運そば屋ヘ。

お昼時なので、混んでるかな~と思ったけれど
たまたま?すぐ入れてラッキーでした。

福よせそば(1000円)をいただきました~。

開運カマボコ・海老・山菜・長ねぎ・おふ・大根おろしのトッピング。

うまうま(⌒∇⌒)

そのあとは、
また高幡不動尊内に戻り、山内八十八ケ所巡拝路を行いました。
四国の八十八ケ所巡拝を模した山内の巡拝コース。)

季節によって
あじさい(6月~7月)彼岸花(9月)が見れるようですが
1月のこの時期は、・・・という感じでした。

以上です( ´∀` )

何か参考になったら、嬉しいです。

それではまたーーー。

2月にイベントやりまっす。